琉球泡盛「残波」
  • 有限会社 比嘉酒造の企業情報
  • 泡盛残波など 商品一覧
  • 残波のこだわり
  • 工場見学
  • 泡盛の歴史
  • よくあるご質問

沿革

1948年(昭和23年) 沖縄県中頭郡読谷村に民営移管の『南部酒造組合』として創業。
1953年(昭和28年) 『比嘉酒造』と改名し、比嘉寅吉が社長に就任。
アメリカ民政府から酒免許を取得し、第1号泡盛『まるたか』を発売。
1975年(昭和50年) 沖縄海洋博覧会に向け、観光商品『サーフボトル』を発売。
1978年(昭和53年) 泡盛入り陶器『面獅子』と『琉球瓦家』を発売。
1980年(昭和55年) 泡盛「残波」を発売。
1981年(昭和56年) 『だるまボトル』を発売。
1983年(昭和58年) ハブ酒を発売。
1985年(昭和60年) 『有限会社比嘉酒造』となる。
1986年(昭和61年) 泡盛『残波・30度(黒)』を発売。
1988年(昭和63年) 泡盛『残波・25度(白)』を発売。
1989年(平成元年) 泡盛残波『ワンカップ』を発売。
1990年(平成2年) 2代目比嘉健によって、オリジナルの蒸留機を開発。
1993年(平成5年) 琉球の風を発売[NHK大河ドラマ琉球の風とのタイアップ商品]
1994年(平成6年) 会長に比嘉寅吉、代表取締役に比嘉健が就任。
1995年(平成7年) 泡盛残波TVCMに沖縄民謡歌手・前川守賢さんを起用。
1998年(平成10年) 泡盛古酒『海の彩』の30度と35度を発売。
2001年(平成13年) 読谷村長浜に工場を新設移転。
2006年(平成18年) 泡盛残波『蔵の宝』と『残波職人』を発売。
東京営業所を開設。
2009年(平成21年) 会長に比嘉健、代表取締役に比嘉兼作が就任。

トップページ個人情報保護方針サイトマップお問合せ

Copyright© Higa Shuzo co.,LTD All rights reserved.